ガンダム00好きが時々更新中。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
#2ツインドライヴ・感想
今更ですが、ガンダム00セカンドシーズン第2話の感想です。
未視聴の方、ご注意ください。
あくまで個人的に私が感じたことを書いています。
また、話題に上がる順は思いついた順です。

では、どうぞ!


#2ツインドライヴ(10月12日放送)

OP
前回のED映像のままでしたね。
「♪本当の愛を知るのだろぉ~」の直後に仮面の男が出てくるので笑ってしまいます。
まさしく愛ですものね。
1期CBメンバー、モレノさんだけいないよね...

「トロポジカルディフェクト」
この単語、1期でエイフマン教授が言っていました。
そのときにガンダムの開発に120年前の有人木星探査計画が一枚噛んでいることと、
イオリア・シュヘンベルグの真の目的に気付いてしまったのでした。
すごいな、プロフェッサー。
「トロポジカル~」一体何なのでしょうね。
辞書で「トロポジカル」を調べようと試みましたが、見つかりませんでした。
「ディフェクト」は“欠陥”などの意味で、ますます意味不明。
ネットで調べたら、案の定ガンダムに触れたブログばかり引っかかりました。

アロウズ
ホーマー・カタギリの後ろが障子!?
司令になるとお部屋デザインも自由自在なんですね(?)。
「世論も我々の行動を支持している」って言ってますが、
アロウズに対しては異議があっても口に出せない状況なのだと思います。
しかもこの司令、リボンズ一味と繋がっていますね。
利用されているのか、それとも逆に利用してやろうと思っているのか。
こんな状態で黙っていられるような人には見えないんです。
見た目的に(笑)。
現時点では明らかにホーマーよりリボンズ側が上に立っていますよね。
いろんな意味で気になるなー、ホーマー。

ピーリス中尉。アンドレイ・スミルノフ少尉。
ソーマのほうが階級的に上ですが、アンドレイのほうがアロウズでは先輩?のためか
彼のほうが偉そうですね(笑)。
セルゲイさんが正規軍に残留の今、
ソーマはマネキン大佐が一緒に行動してくれれば安心なんですが...。
ソーマとパトリックが一緒にいるところも見てみたいし。

今回ルイスは出撃なし。
このままずっと出なくていいよ、ルイス!

苦労人たち
ビリー、ドアへ向かって行ったときの歩き方に笑ってごめん!(笑)
自分の恋人(?)がCB構成員でしかも連れて行かれちゃうなんて、
もう不憫すぎます。
お大事に、としか言えません...。

マリナさま、ついに連行されてしまいました。
牢屋みたいなところに軟禁されていましたよね。
強く生きてくださいね!

赤ハロとの組み合わせがかわいい沙慈。
このままだと営倉にいるのが当たり前の存在になってしまいそうな彼ですが、
外に出るわけにも行かないですし(宇宙だし)、どうするのでしょう。
次に刹那と話すときが楽しみでならない。

CBの行動理念
変革を引き起した罪を新たなる変革をもって償う。
現状を変えるためにためにアロウズと戦う。
ラッセの「戦わなくても人は死ぬ」から戦うという発言や、
ほぼ脅迫でスメラギさんを連れてきた刹那には最初は正直反発を覚えました。
でも、彼らは馬鹿みたいに生真面目に責任を取ろうとしているだけなんですね。
そのためにはスメラギさんも一緒に戦わなきゃ意味ないですし。
ああでもしない限り、スメラギさんは責任を感じたまま一生酒びたりのままになってしまうし。
アロウズのやり方はえげつないし、カタロンのようなやり方では効果がない。
やっぱり、圧倒的な力を持って戦うしかないのでしょう。
そんなのやっぱり間違ってるよね、とも思いますし。
沙慈に赤ハロを渡してデータを見せるのもなんだかあざとい気がしましたし。
でも、沙慈には世界の本当の姿を知ってほしいし。
「歪んだジレンマ」だな!

それでも刹那もラッセも好きなんですよね。
スメラギさんが逃げたくなる気持ちも当然で共感できますよね。

細かいところですが、
「それが酒びたりの理由か?」といったときの刹那の表情が好きでした。
母性本能が刺激される...!(どうした)
もう、そんなにひとりで抱え込むなよ☆

ライル改めロックオン
ニールが亡くなっていることを聞かされたライル。
ニールとそっくりなことに驚かれるライル。

辛いだろうと思いました。
「俺の名はロックオン・ストラトス。CBのガンダムマイスターだ」と、
得意げな顔で言っていましたが、どんな心境だったんだろう。

ハロの「ロックオン、イキテタ!」にショックを受けました...。

カタロンに連絡を取っていましたが(ジーン1?)、
きっとそうなるのを承知で刹那はライルのところに行ったのだと思いますが...
そうじゃなかったら純粋すぎるよ(笑)
この人を連れてきた理由はまだ謎ですね。

カタロン
大丈夫なのか、カタロン。
CBに協力してもらう気マンマンです。特にクラウス。
アロウズの弾圧がいくら酷いと言っても、
MSを所有して明らかに戦闘を起す原因となっているカタロン。
以前のCBだったら介入対象になる気が…。
心配しているのがシーリンだけというのがなんとも頼りない。
もう一度言う。大丈夫なのか、カタロン!?

ツインドライヴ
「ここには、Oガンダムとエクシアと、俺がいる!!」
「これが俺たちの、ガンダムだ!」
刹那の原点であるOガンダム、ずっと生死を共にしてきたエクシア。
そしてロックオンの遺志を継いだ俺!
あのGN粒子がぶわーってなるところ(語彙が…)、何回見ても胸が熱くなります。

トランザムと共に送られてきた理論だそうです。
リボンズは知りません。
このことが今後の希望となりうるのでしょうか。

お嬢様
留美はリボンズに情報を漏らしちゃってるし、ライルはカタロンと繋がっているしで、
ある意味世界がひとつになりつつある(笑)
お嬢様に異議のありそうな紅龍の今後に期待です。
あとネーナの真意も謎です。赤ハロに「アイツラ敵!」って言われてましたしね。

今週の乙女座仮面
第2話で大変なことになる、とどこかで聞いたのですが、何もありませんでした。
期待させてしまってすみません。
ある意味ではいつでも大変な人ですけどね。

自動販売機と何かの機械の隙間からこんにちは。
あの部屋であの服は恥ずかしいよ(笑)
今回はカワイイおめめが丸見えでした。仮面の意味、無いっすよ☆

アレルヤ
「マリー…」やった、喋った!!一言だけど!

ED
・意味深過ぎる…!
・ライルの後ろの4つのお花。
・パパとママとエイミーと、ニールのぶん…。
・ライルとお手手つないでいるのは誰?ニール?
・最後のほうのマイスターズ4人がこっちに向かって来る絵がホラーのよう。
・ラストの台風の目みたいなのが希望を感じさせる気がするので安心していいですか?

次回予告
ついに捕虜ルヤ兼ハブララルヤ卒業となるか!?
第3話「アレルヤ奪還作戦」
「ガンダム鹵獲作戦」と似たタイトルだけど、来週もお楽しみに!!


テーマ:機動戦士ガンダムOO - ジャンル:アニメ・コミック

コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。