ガンダム00好きが時々更新中。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
004クール目ED(trust you)・感想
今更ですが、感想を書いてみました!

美術館にでも行った気分になれるED映像
さらっと見過ごせないエネルギーがあります。

“続き”からどうぞ!
画面一面びっしりとお花が。
よく見るとマイスターカラー?
でも白っぽいのもありますよね。
子刹那の影が水面のようなものに映りこむので、
このお花は水中で咲いているのか。
ラストシーンのことを考えると、
そもそも、あれは水なのか。


壊れて風化した機体たち。
ダブルオー以外の3機とオーライザー。
オーライザーの時、
画面の脇にいる鷲のような鳥が非常に気になる。

これらの絵から、
“忘れ去られたもの”という印象を受けました。
戦争のなくなった世界を暗示しているといいと思います。

戦争のなくなった未来の地球。
各地に残された機体たち。
それらが何のために使われていたのか、
知るものは誰ひとりとしていなかった…

…みたいな文章が思いついた。


前EDで意味深だった静止画が動きました!
なんとあの絵は続き物だったのです。

こっちも刹那以外。
沙慈の手がルイスの手を引き寄せ、
ティエリアはイノベイターたちに銃を向け、
アレルヤとマリーが寄り添い、
ライルと向かい合う人物(どう見てもアニュー)の前のカーテンが飛び去る。

すっごいすばらしい演出…!
ほかに誉める言葉が見つからない。

前回のEDでは「迷い」、
それぞれの「決意」が演出されているようですね。


サビ。
これまた刹那以外ですが、人は居ず風景と服だけが描かれている。
アレルヤとマリー、ライルとアニュー、
沙慈とルイス、ティエリア、の順。

ティエリアがひとりなのは、
相手が視聴者全員だからですね、わかります。

それとも暗くてよく見えないだけで、
奥のは紫制服じゃないのかしら。青だったりして。
それとも眼鏡が別の人の?リジェネ?イアン?

沙慈とルイスの服ががっちり結ばれているのに、
ちょっと希望の光を見た気がします。
泪のムコウの輝きを垣間見た。

アレルヤ・マリー、沙慈・ルイスの、
ちゃんとしたカップルのとこに被る歌詞が
「I love you, I trust you」
で妙に泣ける。


最後にやっとダブルオーと刹那。
ちゃんと顔が映るのが彼だけですが、
何故か子ども。
そして明らかに地上ではないところで、
お花に包まれる(?)ダブルオー。
最初は青空をバックにしているように見えますが、
ラストを見る限り、
後ろに青い地球があるのでそう見えるみたい。

それを笑顔で見上げる刹那。

最後の地球をバックに
お花とダブルオーと刹那いる映像が綺麗すぎて…
もう泣くしかないよね?


由奈さんの歌声も美しくて、
歌詞も素敵で。

だけど、なんだか物悲しくて。
これからが心配でしかたなくなりました。
みんなどうか無事で!

テーマ:機動戦士ガンダムOO - ジャンル:アニメ・コミック

コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。